記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇高森ツーリング 前夜の出来事。

平成28年3月19日㈯~21日㈪に2泊3日のソロツーリングに行ってきました。本当なら18日㈮に熊本入りの予定でしたが、雨足が強く2泊3日に予定変更したため、金曜夜にミッション、シャフト、ファイナルのオイル交換実施することとしました。

昨年10月の個人売買時に、前オーナーさんに『依頼されているショップで全オイル交換もお願いします』旨伝えておりました。納車後、次第にいい加減なトルク管理や酷い仕打ちを受けていた赤鼻の実態が明らかとなり、腹が立つやらバイクが可哀想やらの連続でした。ミッションオイルのフィラープラグを見ると、レンチの掛け方が悪く、随分と舐めやすそうな感じ。ん~、やばいかなぁ思いつつも、オイルの状況も見ておきたかったのでヘックスレンチを掛けるも、バカトルクで締め付けており、微動だにせず。もう一度仕切り直すと、『ニュルッ』とイキマシタ。だろうね、予想通り。ヘックスのボールポイントで奥まで突っ込み、事なきを得ました。排出されたオイルはわりと綺麗で、量も問題無し。この時点で、更に疑心暗鬼度は否応なしに高まります。雌ネジのダメージが無かったのは幸いでした。約0.8L注入して、終了。次、ファイナル。こちらも結構な高トルクでフィラー&ドレンともに締め付けていましたが、特に問題無し。約0.25L注入で終了。最後にシャフトオイル。フィラー外し、ドレン外すと相当期間未交換のオイルがわずかに垂れてくる有様。いや、ここ完全に無視されてましたね、これまで。ほぼ空の状態です。深いため息をつき、約0.15L注入して、オイル交換作業は終了しました。そうそう、この程度の整備をしていたショップですから、各ワッシャー類は何度も使いまわしでぺらっぺら。それにバカトルクを掛けているんですから、ほんとバイクが可哀想でなりません。実名を晒したいくらいですが、キャブについてもまたいつかこちらでアップする予定。あまりの腹立たしさに、画像はオイル交換後の、メーターのみ。

さて、何とか無事にオイル交換は終了し、明日からのツーリングが始まります。



DSC00280.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boss5730

Author:boss5730
乗って弄って壊して学ぶ!
学んだつもりがまた壊す。
それでも楽しいバイクライフ♪

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。